『my花frame』でいけばなに挑戦。夏の自由研究にも!

まご情報

f:id:teratchi:20190805203747j:plain

夏休みもまっただ中、みなさんいかがお過ごしですか?

夏休みになり、お子さんの夏休みの宿題に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

例えば、こんな花のフレームを手作りするのはいかが?

小原流生け花教室の先生が考案したちょっとモダンな花器!

『my花frame』を体験してきました! 

f:id:teratchi:20190805211804j:plain

(『my花frame』HPより画像引用)

『my花frame』 についてはこちらをどうぞ!

www.ohararyu.or.jp

先日、この『my花frame』を使って生け花を体験する講座に行ってきたのでレポします♪

『my花frame』って?

『my花frame』はいけばな小原流が開発した新しいモダンな花器のこと。

f:id:teratchi:20190805204340j:plain
『my花frame』特設HPより画像引用

このシンプルな枠に、小さなブロック状の剣山と、器が付いています。

この白い枠は、自由にデコることができて周りも季節や気分に合わせて華やかに。

そしてこのミニ剣山セットで、それに合わせたお花をいけるっていう寸法です。

このまま置いても楽しめますし、フックがついているので、壁にかけることもできます。

なかなか面白い花器ですよね。

f:id:teratchi:20190805203743j:image

先生はこちら。藤田智加子さん。
いけばな小原流の先生です。

▼早速先生の指導を受けながら、『my花frame』をまずデコります。

f:id:teratchi:20190805203728j:plain

▼材料はこんな感じで用意されていました!

f:id:teratchi:20190805203652j:image

いろいろとデコる材料が取り揃えてありましたよ!

いろいろな種類のマスキングテープ、カラフルなシール、貝殻やヒトデなどの石膏のオブジェ。

 作り方

1.マスキングテープを自由に貼り付ける。

2.その上に貝殻などのオブジェをボンドで貼り付ける。

終わり。

マスキングテープの上なら、何度でも張り替えることができるので、季節が終わったら、全部剥がし、また新しくデコることができるわけです。なるほど。

花をいける

そして花を活けます。

花も自由に活けていいそう。カラフルな花をたくさん用意してくれてありますが、もうこれが悩む悩む。

何をどういけていいのやら。さっぱりです。

▼先生、花のいけ方について指導中の図。

この後、先生の周りにある花の周りを、さんざんウロウロして悩みまくります。
どうしたらいいのーーー!!!

花のいけ方わからなーい!

出来上がり!

f:id:teratchi:20190805203717j:plain

私の作品はこんな感じになりましたよ。

なかなかポップでいいんじゃないですか?(自画自賛)

枠はブルーを基調として、涼しげな夏を表現しました。ハワイっぽいシールもベタベタ貼りまくりです。

花のいけかたは、サーっぱりわからなかったので、ほぼほぼ先生に聞いて、選んだ花を見せて提案していただいたままやりましたwww

他の方の作品。

f:id:teratchi:20190805203708j:plain
f:id:teratchi:20190805210046j:plain
f:id:teratchi:20190805205917j:plain

フレームのアレンジの仕方でずいぶんイメージが変わるのがお分かりでしょうか?

マスキングテープも貼り方次第。

春になったらピンクで可愛く、秋はシックにブラウンを基調にして、冬はサンタクロースをイメージして赤と緑、もしくは白……なんて使い方もできますね。

そして花のいけ方も個性が出て同じ枠なのにこれだけ変わるんだとなかなか驚きです。

『my花frame』の仕組み

f:id:teratchi:20190805204817j:plain

フレームを後ろから覗くとこんな感じになります。

この小さなシリコンの器の中に水を入れて使います。

▼剣山のブロックはこのようにジグソーパズルの形になっていて、組み合わせることができます。ジグソー型なのが可愛い剣山です♪

f:id:teratchi:20190805205034j:plain

▼組み合わせるとこんな感じ。

f:id:teratchi:20190805205002j:plain

ここに茎を挿していくわけです。

『my花frame』で花を長持ちさせるコツ

毎日お水をちゃんとあげること!

器が小さいので、すぐに水が干上がりますから、こまめにお水をあげてください。

夏場はすぐに花が悪くなってしまうので、茎の太めのものを選ぶと長持ちすると感じました。花屋で長持ちする花や緑を聞いておくといいかもしれません。

細い花をいけるには

先生のアドバイスなのですが、茎に切れ目を細く入れて開き、それを剣山に刺すと少し安定が良くなります。

 お孫さんと、夏の自由研究の作品作りにも♪

マスキングテープを変えることで雰囲気をガラッと変えることができるようになっています。

マスキングテープの上ならなんでも貼り付けることもできますし(あまりに重たいと落ちますけどねww)使い方は自由自在。

夏休みの自由研究にもいいんじゃないかな♪

週替わりで花を変えてそれを写真に撮ったり、

枠をあれこれデザインして雰囲気を変えて、写真に撮り、記録を発表したり。

使い方はいろいろ楽しめそうです。

男の子だと、カブトムシやセミ貼りつけたり……!?

(想像してしまった……)

花は枯れてしまうので、花をいけて持って行くなら、登校日前日に新しくいけた方が良さそうですね。

夏場で枯れるのが嫌なら造花や小物でアレンジしても楽しそうです。

この『my花frame』、これからも使えそうです♪

f:id:teratchi:20190805203722j:plain